投資のメリット

解体中

太陽光発電投資とは、太陽光を用いた発電システムを購入し、その発電システムを稼動して得た電力を電力会社に売却する事によって収益を得るという投資です。投資を行うためにやるべき事は二つあり、一つは発電システムを業者から購入する事であり、もう一つは発電した電力を売る契約を電力会社との間で締結する事です。発電システムを開発している業者は複数あり、システムによって発電効率が異なります。一般的に発電効率が高いシステムほど価格が高く、発電効率が低いシステムほど価格は安い傾向にあります。また、電力会社との契約では、電力単価あたりの売却価格を取り決めたり、双方の権利および義務について規定するものなので弁護士を頼るなどして契約を締結する必要があります。

太陽光発電への投資が人気の理由は、投資額に対して得られるリターンが相対的に高いという点が挙げられます。また、一度システムを設置し、電力会社と電力の売買契約を締結したら、後は太陽光発電システムのメンテナンスを行っていれば良いだけなので、手間隙がかからないという点も人気の一つです。コストはかかりますが、太陽光発電システムのメンテナンスはシステムを購入した業者に完全委託する事も可能なので、一切手間をかけたくないという人はメンテナンス業務を委託するのも一案でしょう。発電システムの費用は高くても数百万円程度なので、不動産投資等に比べると少ない自己資金で投資を行えるという点も、人気が高い理由の一つとなっています。