設置する時の注意

解体作業

土地活用する上で、太陽光発電は今非常に注目されています。作った電気を電力会社に売る事ができ、その価格が国に保証されているからです。順調に行けば、初期費用を確実に回収する事ができます。しかし、その上でいくつか気をつけるべき事を紹介します。 まず、空いている農地を土地活用するために太陽光発電のパネルを設置する例が多くなっていますが、この場合きちんと農地転用の届けを出す事です。これを怠ると処罰を受けなければいけません。 そして初期費用を回収するには、毎月ある程度の売電をしていく必要があります。しかし、太陽光発電は自然のエネルギーを元にするため、天候に左右されやすい事を考慮しておきましょう。可能であれば、土地を選ぶ際に日照時間の長い土地を探す方が懸命です。

土地活用による太陽光発電と言うと、広い土地一面に太陽光パネルが設置されている光景を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、実際はそんな事はありません。 建物と建物の間の小さな空きスペースや、使い勝手の悪い山間部などでも太陽光発電は可能です。オープンタイプの駐車場の上部に、斜めに取り付けるタイプのパネルを設置する例もあります。これらの設備でも十分に発電する事ができるのです。 近頃では、マンションや店舗でもこのような取り組みをする事が増えています。売電を行って利益を得るためだけではなく、エコなイメージで知名度を上げる事ができるからです。実際に、マンションの共用部分に太陽光発電設備を設置し、廊下や階段などの照明等の電力を賄い、余った電力を売るケースも多くなってきました。 このように、あらゆる分野で太陽光発電による土地活用は増えてきています。